Publications

論文

国際誌(査読あり)

  1. Murata, H., Noshita, K.*, 2024. Three-Dimensional Leaf Edge Reconstruction Combining Two- and Three-Dimensional Approaches. Plant Phenomics 6, 0181. https://doi.org/10.34133/plantphenomics.0181
  2. Nakao, H.*, Kaneda, A., Tamura, K., Noshita, K., Nakagawa, T., 2024. Macro-Scale Population Patterns in the Kofun Period of the Japanese Archipelago: Quantitative Analysis of a Larger Sample of Three-Dimensional Data from Ancient Human Crania. Humans 4, pp. 131–147. https://doi.org/10.3390/humans4020008
  3. Nakao, H.*, Nakagawa, T., Kaneda, A., Tamura, K., Noshita, K. Demic Diffusion of the Yayoi People in the Japanese Archipelago. Letters on Evolutionary Behavioral Science (2023) 14 (2), pp. 58–64. https://doi.org/10.5178/lebs.2023.111
  4. Iwamasa, K., Noshita, K.* Network feature-based phenotyping of leaf venation robustly reconstructs the latent space. PLOS Computational Biology (2023) 19, e1010581. https://doi.org/10.1371/journal.pcbi.1010581
  5. Araki, A., Noshita, K.* Theoretical morphological analysis of differential morphospace occupation patterns for terrestrial and aquatic gastropods. Evolution (2023) 77 (8), pp. 1864-1873. https://doi.org/10.1093/evolut/qpad110
  6. Suzuki, R., Ono, Y., Noshita, K., Kim, K.S., Ito, H., Morioka, Y., Tamura, T., Okuzaki, D., Tagawa, T., Takenaka, T., Yoshizumi, T., Shimamura, T., Iwami, S., Fukuhara, T.*, 2022. Smoking enhances the expression of angiotensin‐converting enzyme 2 involved in the efficiency of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 infection. Microbiology and Immunology (2022) 67, pp. 22-31. https://doi.org/10.1111/1348-0421.13034
  7. Kaneda, A., Nakagawa, T., Tamura, K., Noshita, K., Nakao, H.* A proposal of a new automated method for SfM/MVS 3D reconstruction through comparisons of 3D data by SfM/MVS and handheld laser scanners. PLoS ONE (2022) 17, e0270660. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0270660
  8. Noshita, K.*, Murata, H., Kirie, S. Model-based plant phenomics on morphological traits using morphometric descriptors. Breeding Science (2022) 72 19–30. https://doi.org/10.1270/jsbbs.21078
  9. Tsugawa, S.*, Teratsuji, K., Okura, F., Noshita, K., Tateno, M., Zhang, J., Demura, T., Exploring the mechanical and morphological rationality of tree branch structure based on 3D point cloud analysis and the finite element method. Scientific Reports (2022) 12:4054. https://doi.org/10.1038/s41598-022-08030-5
  10. Iwanami, S., Ejima, K.*, Kim, K.S., Noshita, K., Fujita, Y., Miyazaki, T., Kohno, S., Miyazaki, Y., Morimoto, S., Nakaoka, S., Koizumi, Y., Asai, Y., Aihara, K., Watashi, K., Thompson, R.N., Shibuya, K., Fujiu, K., Perelson, A.S., Iwami, S.*, Wakita, T. Detection of significant antiviral drug effects on COVID-19 with reasonable sample sizes in randomized controlled trials: A modeling study. PLOS Medicine (2021) 18, e1003660. https://doi.org/10.1371/journal.pmed.1003660
  11. Fukano, Y.*, Guo, W., Aoki, N., Ootsuka, S., Noshita, K., Uchida, K., Kato, Y., Sasaki, K., Kamikawa, S., Kubota, H., GIS-Based Analysis for UAV-Supported Field Experiments Reveals Soybean Traits Associated With Rotational Benefit. Frontiers in Plant Science (2021) 12, 637694. https://doi.org/10.3389/fpls.2021.637694
  12. Minamikawa, M.F., Kunihisa, M., Noshita, K., Moriya, S., Abe, K., Hayashi, T., Katayose, Y., Matsumoto, T., Nishitani, C., Terakami, S., Yamamoto, T., Iwata, H.* Tracing founder haplotypes of Japanese apple varieties: application in genomic prediction and genome-wide association study. Horticulture Research (2021) 8, 49. https://doi.org/10.1038/s41438-021-00485-3
  13. Shimizu, K.*, Noshita, K., Kimoto, K., Sasaki, T. Phylogeography and shell morphology of the pelagic snail Limacina helicina in the Okhotsk Sea and western North Pacific. Marine Biodiversity (2021) 51, 22. https://doi.org/10.1007/s12526-021-01166-z
  14. Yamauchi, T.*, Noshita, K., Tsutsumi, N. Climate-smart crops: key root anatomical traits that confer flooding tolerance. Breeding Science (2021) 71 51-61. https://doi.org/10.1270/jsbbs.20119
  15. Kirie, S., Iwasaki, H., Noshita, K., Iwata, H.* A theoretical morphological model for quantitative description of the three-dimensional floral morphology in water lily (Nymphaea). PLOS ONE (2020) 15(10), e0239781. https://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0239781
  16. Guo, W.*, Fukano, Y., Noshita, K., Ninomiya, S. Field‐based individual plant phenotyping of herbaceous species by unmanned aerial vehicle Ecology and Evolution (2020) 10: pp. 12318-12326. https://dx.doi.org/10.1002/ece3.6861
  17. Sakamoto, L., Kajiya-Kanegae, H., Noshita, K., Takanashi, H., Kobayashi, M., Kudo, T., Yano, K., Tokunaga, T., Tsutsumi, N., Iwata, H.* Comparison of shape quantification methods for genomic prediction, and genome-wide association study of sorghum seed morphology. PLoS ONE (2019) 14(11), e0224695. http://doi.org/10.1371/journal.pone.0224695
  18. Fukano, Y.*, Guo, W. Noshita, K., Hashida, H. and Kamikawa, S. Genotype-aggregated planting improves yield in Jerusalem artichoke (Helianthus tuberosus) due to self/non-self discrimination. Evolutionary Applications (2018) 12(3). pp. 508-518. https://doi.org/10.1111/eva.12735
  19. Guo, W.*, Zheng, B., Potgieter, A.B., Diot, J. Watanabe, K., Noshita, K., Jordan, D. Wang, X., Watson, J. Ninomiya, S. and Chapman, S.C. Aerial Imagery Analysis – Quantifying Appearance and Number of Sorghum Heads for Applications in Breeding and Agronomy. (2018) Frontiers in Plant Science 9, 1544. pp. 1–9. http://doi.org/10.3389/fpls.2018.01544
  20. Mu, Y., Fujii, Y., Takata, D., Zheng, B., Noshita, K., Honda, K., Ninomiya, S. and Guo W.* Characterization of peach tree crown by using high-resolution images from an unmanned aerial vehicle. Horticulture Research (2018) 5 (74). pp. 1-10. http://doi.org/10.1038/s41438-018-0097-z
  21. Reynolds D., Baret F., Welcker C., Bostrom A., Ball J., Cellini F., Lorence A., Chawade A., Khafif M., Noshita K., Mueller-Linow M., Zhou J.*, Tardieu F.* What is cost-efficient phenotyping? Optimizing costs for different scenarios. Plant Science (2018) 282, pp. 14-22., http://doi.org/10.1016/j.plantsci.2018.06.015
  22. Shimizu, K.*, Kimoto, K., Noshita, K., Wakita, M., Fujiki, T., and Sasaki, T. Phylogeography of the pelagic snail Limacina helicina (Gastropoda: Thecosomata) in the subarctic western North Pacific. Journal of Molluscan Studies (2017) 84 (1), pp. 30-37. https://doi.org/10.1093/mollus/eyx040
  23. Fujiu, K., Shibata, M., Nakayama, Y., Ogata, F., Matsumoto, S., Noshita, K., Iwami, S., Nakae, S., Komuro, I., Nagai, R.* and Manabe, I.* A heart-brain-kidney network controls adaptation to cardiac stress through tissue macrophage activation. Nature Medicine (2017) 23 (5), pp. 611–622. http://doi.org/10.1038/nm.4326
  24. Noshita, K.*, Shimizu, K., and Sasaki, T. Geometric analysis and estimation of the growth rate gradient on gastropod shells. Journal of Theoretical Biology (2016) 389, pp. 11–19. http://doi.org/10.1016/j.jtbi.2015.10.011
  25. Noshita, K. Quantification and geometric analysis of coiling patterns in gastropod shells based on 3D and 2D image data. Journal of Theoretical Biology (2014) 363, pp. 93-104. http://doi.org/10.1016/j.jtbi.2014.08.010
  26. Noshita, K.*, Asami, T. and Ubukata, T. Functional constraints on coiling geometry and aperture inclination in gastropods. Paleobiology (2012) 39 (2), pp. 322–334. http://dx.doi.org/10.1666/10060.1

その他

  1. 野下 浩司.2023.“かたち”のフェノーム数理解析への汎用形態記述子によるアプローチ.生体の科学 (特集:未病の科学) 74(2), pp. 123-128. https://doi.org/10.11477/mf.2425201656
  2. 野下 浩司, 金田 明大, 田村 光平, 中川 朋美, 中尾 央*, 2022. 遠賀川式土器の形態に関する数理的考察 ―田村遺跡、矢野遺跡、綾羅木郷遺跡を中心に―. 奈文研論叢 3, pp. 65–82.
  3. 野下 浩司, 金田 明大, 田村 光平, 中川 朋美, 中尾 央*, 2022. 遠賀川式土器を例とした三次元モデルと二次元実測図データの比較. 情報考古学 27, pp.1–10.
  4. 大倉 史生, 水谷 未耶, 野下 浩司, 戸田 陽介*. 植物科学の「人工知能」との関わり方を考える. 植物科学の最前線 (2020) 11, pp. 185-206. https://doi.org/10.24480/bsj-review.11c2.00191
  5. 大倉 史生, 野下 浩司, 木下 俊則, 戸田 陽介*. 深層学習の利活用による植物表現型解析技術の展望. 植物科学の最前線 (2019) 10, pp. 99-107. https://doi.org/10.24480/bsj-review.10b7.00160
  6. 内田 満夫*, 野下 浩司, 小山 洋. VDT作業者の安全衛生評価におけるDeep Learningの活用. 産業衛生学雑誌 (2019) 61(6), pp. 256-260. https://doi.org/10.1539/sangyoeisei.2018-040-C
  7. 内田 満夫*, 野下 浩司, 渡辺 由佳子, 小山 洋. 社会医学におけるAI研究. BIO Clinica (2019) 34 (3), pp. 89-93.
  8. 内田 満夫*, 野下 浩司, 筒井 保博, 小山 洋. 産業保健におけるDeep Learningの活用:物流企業の職場巡視画像を用いたパイロット研究. 産業衛生学雑誌 (2018) 60 (6), pp. 191-195 https://doi.org/10.1539/sangyoeisei.2018-022-C
  9. 野下 浩司 野外における作物の3次元形態の再構築. アグリバイオ (2018) 2(3), pp. 14-19.
  10. 野下 浩司 巻きの理論形態モデル:有殻軟体動物を例に. 日本数理生物学会ニュースレター (2017) 83, pp. 19-23.
  11. 矢部 志央理*, 上原 奏子, 吉津 祐貴, 渡辺 翔, 野下 浩司. 育種学と農学のこれからを考える30 ~フェノタイピングは頭痛の種?~. 育種学研究 (2016) 18, pp. 67-71. http://doi.org/10.1270/jsbbr.18.67
  12. 野下 浩司 フィラデルフィア滞在記. 日本数理生物学会ニュースレター (2016) 78, pp. 4-6.
  13. 野下 浩司 腹足類殻形態への理論形学的アプローチ 日本数理生物学会ニュースレター (2012) 67, pp. 18-19.
  14. 野下 浩司 巻貝殻形態の理論形態学的解析パッケージ:Spiral Shell Form. 静岡大学地球科学研究報告 (2010) 37 , pp. 57–73. https://doi.org/10.51053/shizuoka.37.0_57

著書

  1. 野下 浩司, 田村 光平, 中尾 央.三次元データによる研究:方法.カタチの由来、データの未来(中尾 央 編著)(2024) pp. . 勁草書房. ISBN: 978-4-326-24854-4
  2. 中尾 央, 野下 浩司, 中川 朋美, 田村 光平, 金田 明大.三次元データを用いて研究する:具体例.カタチの由来、データの未来(中尾 央 編著)(2024) pp. . 勁草書房. ISBN: 978-4-326-24854-4
  3. 野下 浩司 植物3次元形態のデータ化,定量化,モデル化.植物の超階層生物学:ゲノミクス×フェのミクス×生態学でひもとく多様性(種生物学会 編/佐藤 安弘・村中 智明 責任編集) (2023) pp. 285-307. 文一総合出版.ISBN: 978-4829962107
  4. Kano, Y.*, Hon, J., Sulaiman, M. K., Aizu, M., Noshita, K., & Samejima, H. Stream Fish Biodiversity and the Effects of Plantations in the Bintulu Region, Sarawak. In N. Ishikawa & R. Soda (Eds.), Anthropogenic Tropical Forests: Human–Nature Interfaces on the Plantation Frontier (2020) pp. 235–274. Springer Singapore. ISBN: Print 978-981-13-7511-8, Online 978-981-13-7513-2. https://doi.org/10.1007/978-981-13-7513-2_13
  5. 野下 浩司 野外における作物個体・個体群3次元再構築. 新スマート農業 進化する農業情報利用 (農業情報学会 (編)) (2019) pp. 348-349. 農林統計出版. ISBN: 978-4-89732-407-4
  6. Sasaki, T.*, Maekawa, Y., Takeda, Y., Atsushiba, M., Chen, C., Noshita, K., Uesugi, K. and Hoshino, M. 3D Visualization of Calcified and Non-calcified Molluscan Tissues Using Computed Tomography. Biomineralization (2018) pp. 83-93. Springer, Singapore. ISBN: Print 978-981-13-1001-0, Online 978-981-13-1002-7. https://doi.org/10.1007/978-981-13-1002-7_9
  7. 野下 浩司,田村 光平.幾何学的形態測定学とRを使った解析例.文化進化の考古学(中尾 央,松木 武彦,三中 信宏 編)(2017)pp. 179-218. 勁草書房.ISBN: 978-4-326-24845-2

発表

国際学会

口頭

  1. Murata, H., Noshita, K. Leaf shape phenotyping method by instance segmentation and curve-based 3D reconstruction. IPPS2022. Wageningen, Nederland. 2022/9/29.
  2. Noshita, K.. Quantitative Representation of Plant Style as Spacial Pattern of Foliage for Morphometrics on ill-defined Homology. Phenome2020. Tucson, AZ, USA. 2020/2/27.
  3. Toda, Y., Noshita, K., Fujita, M., Nakamichi, N., Okura, F., Kinoshita, T., Shinozaki, K. A unified framework for image-based plant phenotyping under controlled growth environment: From image acquisition to phenotype interpretation. IPPS2019. Nanjing, China. 2019/10/24.
  4. Noshita, K. and Guo, W. Model-based morphometrics for plant phenotyping. SMB-JSMB 2018. University of Sydney, Sydney, Australia. 2018/07/09.
  5. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. An image processing pipeline for acquiring 3D morphological information from “noisy” point cloud data. 2017 CIGR World Workshop in Matsuyama: OS 1 Precision measurement and modeling of dynamical plant information (Organizer: Fukuda, H.). Ehime Univ. 2017/9/3.
  6. Noshita, K. and Guo, W. 3D outline-based morphometrics for leaf shape with photogrammetry and image processing. The 5th International Symposium on Biological Shape Analysis. UTokyo, Tokyo, Japan. 2017/6/23.
  7. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. Monitoring of soybean growth in early stage based on 3D plant analysis. 1st Asia-Pacific Plant Phenotyping Conference. 北京蟹岛度假村 三点钟会议中心, Beijing, China. 2016/10/20.
  8. Noshita, K., Leaf surface reconstruction from “noisy” point cloud data for geometric analysis. The 2016 (26th) annual meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology. Kyushu University, Fukuoka, Japan. 2016/9/8.
  9. Noshita, K. Leaf surface reconstruction from point cloud data: a post-process of field phenotyping. Field Phenomics with Big Data. The University of Tokyo, Japan. 2016/2/10.
  10. Noshita, K., Shimizu, K., Sasaki, T. Estimation of the growth rate gradient on molluscan shells: From shape to growth. 2015 Joint Meeting of The 5th China-Japan-Korea Colloquium on Mathematical Biology and The Japanese Society for Mathematical Biology. Doshisha University, Kyoto, Japan. 2015/8/28.
  11. Noshita, K. The difference of morphological diversity between land and marine gastropod shells. 2014 ESA Annual Meeting. Sacramento Convention Center, CA, USA. 2014/8/14.
  12. Noshita, K. Quantification of coiling patterns in gastropod shells and evaluation of functional traits. Evolution2014. Raleigh Convention Center, NC, USA. 2014/6/21.

ポスター

  1. Noshita, K. Characterization of foliage structures using persistent homology analysis. IPPS2022. Wageningen, Nederland. 2022/9/27.
  2. Iwamasa, K., Noshita, K. A simple method for extracting leaf vein images and quantitative vein network features. IPPS2022.Wageningen, Nederland. 2022/9/27.
  3. Feldman, A., Noshita, K., Fukano, Y. 3D reconstruction and shape analysis of tubers of Jerusalem artichoke (Helianthus tuberosus) using spherical harmonics. IPPS2022. Wageningen, Nederland. 2022/9/27.
  4. Araki, A. Noshita, K. A functional morphological study of aperture inclination on gastropod shells based on both postural stability and drag force. ECMTB2022. Heidelberg, Germany. 2022/9/19.
  5. Noshita, K., Guo, W. Outline-based morphometrics and geometric analysis for leaf shapes in a three- dimensional space. IPPS2019. Nanjing, China. 2019/10/24.
  6. Noshita, K., Guo, W. Model-based phenotyping of soybean canopies in early stage under a field condition with a photogrammetry studio. IPPS2018. National Wine Centre of Australia, Adelaide, Australia. 2018/10/04.
  7. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. 3D Point Cloud Phenotyping of Soybean Growth in Early Stage. PAG XXV. Town & Country Hotel, San Diego, CA, USA. 2017/1/16.
  8. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. 3D point cloud based monitoring of soybean growth in early stage. 4th International Plant Phenotyping Symposium. 2016/12/13.
  9. Noshita, K. “Theoretical morphological approach to the diversity of gastropod shells” 1st Joint Congress on Evolutionary Biology(Ottawa, Canada) 2012/7/7.
  10. Noshita, K. Morphological adaptation to fluid environments in gastropods. ESJ59/EAFES5(滋賀) 2012/3/19.

国内学会

口頭

  1. 野下 浩司. ktch: モデルベース形態測定学向けPythonパッケージ. 生態学会(ハイブリッド,ホスト:横浜国立大学). 2024/3/16.
  2. 野下 浩司. ktch: モデルベース形態測定学向けPythonパッケージ. 数理生物学会(ホスト:奈良女子大学). 2023/9/6.
  3. 村田 英和,野下 浩司. 葉輪郭再構築への2次元-3次元協調的アプローチ.生態学会(オンライン,ホスト:東北大学).2023/3/17.
  4. 荒木 周,野下 浩司. 腹足類殻の異なる形態空間占有パターンの理論形態学的解析.第172回古生物学会例会(九州大学 馬出キャンパス,福岡).2023/2/4.
  5. 野下 浩司. 細胞形状と動きの形態測定学的解析.数理生物学会(オンライン,ホスト:明治大学).2022/9/7.
  6. 野下 浩司.輪郭形状解析におけるレジストレーション:軸と対称不整合についての比較.数理生物学会(オンライン,ホスト:宮崎大学).2021/09/13.
  7. 野下 浩司.3次元空間における植物葉面再構築と輪郭形状解析.日本生態学会第68回全国大会(オンライン,ホスト:岡山).2021/03/17.
  8. 野下 浩司.kaigara:貝殻理論形態学Pythonパッケージ.古生物学会(オンライン,ホスト:横浜国立大学).2021/02/06.
  9. 野下 浩司.“異常巻き”を含む貝殻巻きパタンの定量的解析・モデル化.2020年度日本数理生物学会年会(オンライン,ホスト:名古屋大学).2020/9/21.
  10. 野下 浩司.葉群の空間パターンとしての草姿・草型の定量的表現:相同性が自明でない場合の形態測定学に向けて.第16回 生物数学の理論とその応用 ~生命現象の定量的理解に向けて~.京都大学 数理解析研究所.2020/1/28.
  11. 野下 浩司.植物形態の計測とモデル化.2019年度日本数理生物学会年会 シンポジウム「農学における数理生物学」(企画:野下 浩司)東京工業大学. 2019/9/16.
  12. 野下 浩司 貝殻巻きパタンの定量化:”異常巻き”への拡張.M01-09 日本生態学会第66回全国大会 (神戸国際会議場).2018/03/16.
  13. 野下 浩司, 郭 威, 加賀 秋人, 岩田 洋佳. 3次元点群データを利用した作物群落のモニタリング.O-60 日本数理生物学会第27回大会(北海道大学,北海道).2017/10/8
  14. 野下 浩司. 骨構造の定量化へ向けたステレオロジ的解析.日本応用数理学会 2017年度 年会 正会員主催 OS「計量(デジタル)病理学のフロンティア」(企画:寺本 敬,岩見 真吾)武蔵野大学 2017/9/8
  15. 野下 浩司, 郭 威, 加賀 秋人, 岩田 洋佳.点群データによるダイズ初期生育のモニタリング.515 育種学会 第130回講演会(鳥取大学,鳥取) 2016年9月25日.優秀発表賞
  16. 野下浩司. 腹足類殻形態の形態空間における発生的制約. 日本進化学会第18回大会 O-1A-4 東京工業大学 2016/8/25
  17. 野下浩司. 腹足類殻形態の理論形態空間の対応関係とその変換. 日本古生物学会2016年年会(福井県立大学,福井). 2016/6/25.
  18. 野下浩司. 貝殻形態からその成長様式へ:成長管モデルとGrowth Vector Map.日本古生物学会第164回例会(豊橋市自然史博物館,愛知). 2015/1/31.
  19. 野下浩司 腹足類殻の巻きパタン定量化から防御形質評価まで.日本生態学会第61回全国大会 W16-1 広島国際会議場 2014/3/14.
  20. 野下浩司 腹足類殻の巻きパタンの定量化:成長管モデルパラメータ一定の場合. 日本古生物学会2014年年会 B04. 2014/1/25.
  21. 野下浩司 腹足類殻の"巻き"パタンの定量化.日本数理生物学会第 23 回大会 S1-1 静岡大学 2013/9/11. (シンポジウム)
  22. 野下浩司 腹足類殻の"巻き"パタンの3Dおよび2Dイメージデータに基づく定量化法. 日本古生物学会2013年年会(熊本) 2013/6/29.
  23. 野下浩司 腹足類の殻形態と物理的制約への理論形態学的アプローチ. 日本生態学会第60回全国大会(自由集会,静岡) 2013/3/5.
  24. 野下浩司 腹足類穀形態の物理的環境への適応. 日本数理生物学会第21回大会(自由集会,岡山) 2012/9/11.
  25. 唐沢與希, 前田晴良, 野下浩司 Hypophylloceras属の殻に見られる特異的な破損パターン. 第161回日本古生物学会例会(富岡市生涯学習センター,群馬) 2012/1/21.
  26. 野下浩司 ホヤ脊索における収斂伸長. 日本数理生物学会第21回大会(明治大学,東京). 2011/9/15.
  27. 野下浩司 腹足類の殻口の傾きと生息環境. 日本古生物学会2011年年会(金沢大学,石川) 2011/7/2.
  28. 野下浩司 腹足類に殻口の傾きにおける制約. 日本生態学会第58回大会(札幌コンベンションセンター,北海道) 2011/3/10.
  29. 野下浩司, 浅見崇比呂, 生形貴男 腹足類の殻形態における制約. 日本数理生物学会第20回大会(北海道大学,北海道) 2010/9.
  30. 野下浩司, 浅見崇比呂, 生形貴男 腹足類の形態的多様性の制約. 日本古生物学会2010年年会(筑波大学,茨城) 2010/6/13.

ポスター

  1. 野下 浩司.植物の「かたち」を測る・モデル化する:数理モデルの構築・定量化の理論提案・植物フェノタイピング技術の開発.超分野植物科学研究会(TDPS) 第1回研究会(オンライン).2021/6/4.
  2. 野下 浩司.植物フェノタイピング向け仮想データセットの生成と解析.定量生物学の会 北海道キャラバン 2019(北海道大学,北海道).2019/11/06.
  3. 野下 浩司, 郭 威, 加賀 秋人, 岩田 洋佳. 作物形態の3D点群モニタリング.J16.農業×情報通信ワークショップ2017(鶴岡メタボロームキャンパス,山形).2017/11/16.
  4. 野下 浩司, 郭 威, 加賀 秋人, 岩田 洋佳. 3D点群データに基づく植物形態の経時的モニタリング. P2-O-435 日本生態学会第63回全国大会(早稲田大学,東京) 2017/3/22.
  5. 野下 浩司.3D点群データを利用した植物群落のモニタリング.P-82 定量生物学の会 第八回年会(自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター,愛知) 2017/1/8.
  6. 唐沢與希, 野下浩司, 前田晴良 アンモノイド類の殻断面における肥厚化を示す微細構造と,その力学的シミュレーション. 日本古生物学会2015年年会(福井県立大学,福井) 2016/6/25.
  7. 野下浩司. 葉形状の3D表面データからの再構築と幾何学的解析. 日本生態学会第63回全国大会(仙台国際センター,宮城) 2016/3/22.
  8. 唐沢與希, 野下浩司, 前田晴良 アンモノイド類の殻断面形態の力学特性. 日本古生物学会2015年年会(産業技術総合研究所,茨城) 2015/6/27.
  9. 野下浩司. 腹足類の殻に保存された成長の記録. 日本生態学会第62回全国大会(鹿児島大学,鹿児島) 2015/3/19
  10. 野下浩司. 腹足類殻形態の定量化と機能評価.日本生態学会第 61 回全国大会 PA2-013 広島国際会議場 2014/3/16.
  11. 野下浩司 腹足類殻形態の定量化フレームワーク構築に向けて. 日本生態学会第60回全国大会(静岡) 2013/3/6.
  12. 野下浩司 腹足類の殻口の傾き. 第161回日本古生物学会例会(富岡市生涯学習センター,群馬) 2012/1/21. ポスター賞
  13. 野下浩司, 浅見崇比呂, 生形貴男 腹足類における機能的トレードオフ. 第12回日本進化学会大会(東京工業大学,東京) 2010/8/5.

企画

招待講演

  • Noshita, K. Three-dimensional leaf edge reconstruction using a combination of two- and three-dimensional phenotyping approaches. Summit on the Frontiers of Plant Phenomics. Nanjing Agricultural University. 2023.12.09.
  • Noshita, K. Plant phenotyping methods using image analysis, machine learning, mathematics, and morphometrics. ICIAM WIS2023 Kyushu University. 2023.09.15.
  • 野下 浩司 形態的多様性と制約.ソフトバイオ研究会2022 (企画:石本 志高,津川 暁,村島 隆浩) 秋田.2022/11/16.
  • 野下 浩司 さまざまな形態記述子によるモデルベース植物フェノタイピング.日本植物バイオテクノロジー学会 シンポジウム「植物フェノタイピングに向けたデジタルテクノロジー」 (企画:稲田 のりこ,内海 ゆづ子) 大阪公立大学.2022.09.13.
  • 野下 浩司 フェノタイピングの問題としての「かたち」の定量化:暗黙知の形式化へ向けて.シンポジウム 社会課題は数理科学で解決できる!? -試みと課題- .2021/10/26.
  • 野下 浩司 「かたち」のモデル化・定量化のための幾何学.ワークショップ「生命医科学における数理科学の最前線:データサイエンスから代数・幾何・記号学まで - さらなる展開を目指して」.2021/10/02.
  • 野下 浩司 草姿・草型のフェノタイピング:3次元計測と「かたち」の数理モデル化.植物科学を変える先端分析技術と大規模データ統合解析.日本植物学会 第85回大会(オンライン,ホスト:).2021/09/18.
  • Noshita, K. Morphometrics and its applications. RIMS Workshop Mathematical methods for the studies of flow, shape, and dynamics. Organizers: Masanobu Inubushi (Tokyo U. of Sci.), Kenta Ishimoto (Kyoto U.). 2021/08/31.
  • 野下 浩司.草姿・草型の数理モデル化と高効率フェノタイピングへの応用.OS-B JSTさきがけプロジェクト「情報協働栽培」から.農業情報学会2021年度 年次大会(オンライン).2021/05/23.
  • 野下 浩司.軟体動物殻形態の理論モデルによる「かたち」と「かたち作り」の定量化.第14回バイオミネラリゼーションワークショップ 東京大学大気海洋研究所.2019/11/09.
  • Noshita, K. 3D field phenotyping of canopy development in soybean. PBIO Seminar (Host: Alexander Bucksch), UGA. 2018/11/12.
  • 野下 浩司,郭 威.野外における植物3次元形態の再構築と計測.電気学会 電子・情報・システム部門大会 MC2「農学・植物科学研究における計測技術」(企画:七夕 高也) 北海道大学.2018/09/05.
  • 野下 浩司.生物を通して読み解く形態と機能の関係性.第115回ロボット工学セミナー 「構成技術の変革から考える5年,10年後先のロボティクスの未来」(企画:梅舘 拓也)東京大学 武田ホール.2018/07/19.
  • 野下 浩司.形態測定学の異分野融合:伝統的,幾何学的,…? 日本生態学会第 65回 全国大会 自由集会W03「道具としての形態測定学:形の解析から見る過去と未来」(企画:高橋 一男,立田 晴記) 札幌 2018/03/14
  • 野下 浩司.かたちを測る:形態測定学と応用としての植物フェノタイピング.MACSセミナー SG2「イメージングと数理の融合:動きや形の定量とモデリング」(企画:平島 剛志)2018/02/27
  • 野下 浩司 骨構造の定量化へ向けたステレオロジ的解析.日本応用数理学会 2017年度 年会 正会員主催 OS「計量(デジタル)病理学のフロンティア」(企画:寺本 敬,岩見 真吾)武蔵野大学 2017/9/8
  • Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. An image processing pipeline for acquiring 3D morphological information from “noisy” point cloud data. 2017 CIGR World Workshop in Matsuyama: OS 1 Precision measurement and modeling of dynamical plant information (Organizer: Fukuda, H.). Ehime Univ. 2017/9/3.
  • Noshita, K. 3D point cloud based monitoring of soybean canopies. High-Throughput Biology to Accelerate Crop Improvement (Organizer: Yano, K.) UTokyo. 2017/6/19
  • 野下浩司 点群解析と表面モデリングを利用した植物フェノタイピングへの取り組み.精密工学会 大規模環境の3次元計測と認識・モデル化技術専門委員会 第27回定例研究会(企画:増田 宏)東京大学 2017/6/12
  • 野下浩司 生物のかたちのモデル化と定量化.さきがけ情報協働栽培 研究領域公開ワークショップ「栽培モデル研究の最前線」(企画:JST)東京大学 2017/2/10
  • Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. Monitoring of soybean growth in early stage based on 3D plant analysis. Plant Phenotyping Symposium (Organizer: Ding, Y.) Nanjing Agricultural University, Nanjin, China. 2017/10/23
  • Noshita, K. Monitoring of soybean growth in early stage based on point cloud data. JSMB 2016 satellite workshop: Mathematical modeling on Ecology & Evolution (Organizers: Tachiki Y. and Iritani R.) Kyushu Univ. 2016/9/11
  • 野下浩司 腹足類の殻形態とその形成プロセスの定量化. 底生生物学分野セミナー(企画:福森 啓晶) 東京大学 2016/5/13
  • 野下浩司 形態測定学が解決する課題と生物地理学への応用の可能性. 日本生物地理学会 2016年度大会シンポジウム「形態測定学と地理的分布:かたちの定量化と生物地理学・文化地理学への応用」(企画:三中 信宏) 東京大学 2016/4/17
  • 野下浩司 定量的形態測定入門. 数理科学的手法を駆使した生命現象の定量化への挑戦.宇奈月国際会館.2016/3/28.
  • 野下浩司 「かたち」と「かたち作り」を測る:形態測定学・理論形態学の活用. 進化古生物学セミナー(企画:遠藤一佳) 東京大学 2015/12/15
  • 野下浩司 植物器官の効率的フェノタイピング:画像解析と形態測定学. 日本育種学会第128回講演会(平成27年度秋季大会)ワークショップ「W05: 育種学と農学のこれからを考える30 〜フェノタイピングは頭痛の種?〜」(企画:矢部志央理,上原奏子,吉津祐貴) 新潟大学 2015/9/11
  • 野下浩司 形態測定学の進化生物学における活用:細胞から個体,人工物まで. 日本進化学会第17回大会ワークショップ「W-03: 日本の考古遺物を中心とした文化進化的考察」(企画:田村 光平,中尾 央,三中 信宏) 中央大学 2015/8/20
  • 野下浩司 CTデータを利用した腹足類殻形態の定量化. 動物生態学研究室ゲストセミナー(企画:細 将貴) 京都大学 2015/2/2
  • 野下浩司 腹足類殻形態の定量化と機能評価:測定手法の開発と形態の生態学的意義を探る. 東京大学 農学部 生産・環境専攻セミナー(企画:岩田 洋佳) 2014/3/11
  • 野下浩司 生物のかたちのモデリングと定量化:3D イメージデータが拓く個体発生解析の可能性と 2D イメージデータの有効活用. 第 45回種生物シンポジウム(企画:入谷 亮介) 別府市ふれあい広場サザンクロス 2013/11/30
  • 野下浩司 Theoretical morphological study on gastropod shell forms. 明治大学 GCOE MEE Seminar (企画:岡嶌 亮子)2012年1月

講師

  • 野下浩司 スマート農業指導者養成研修. 愛知県農業試験場. 2023年度.担当回:時系列データ解析(1),時系列データ解析(2),時系列データ解析(3)
  • 野下浩司 スマート農業指導者養成研修. 愛知県農業試験場. 2022年度.担当回:時系列データ解析(2),時系列データ解析(3)

アウトリーチ

その他

  • 野下 浩司. 細胞表現型スクリーニングへ向けた形態記述子による定量化.第7回理論免疫学ワークショップ (企画:岩波翔也,鹿児島).2023.03.19.
  • Noshita, K. Phenotyping studies using morphometric descriptors for multi-omics analysis. 1st International Symposium on Aihara Moonshot Project. 2023.06.06
  • 野下 浩司.骨構造の積極的定量化とデータ解析.第5回理論免疫学ワークショップ(企画:岩波翔也,オンライン).2021/02/12.
  • 野下 浩司.3次元輪郭形状解析と考古資料への応用.シンポジウム『人工(遺)物の三次元計測と幾何学的形態測定の理論と実践』.2020/01/25.
  • 野下 浩司.植物3次元形態データセットの作成と全体構造を記述する特徴量の開発.数理・データサイエンスに関する教育・研究支援プログラム 研究成果発表会・交流会.九州大学 数理・データサイエンス教育研究センター.2019/12/13.
  • 野下 浩司.植物フェノタイピング技術の開発と活用.2019年度 九州大学オープンイノベーションワークショップ. 2019/11/08.[ポスター出展]
  • Noshita, K. 3D high through-put phenotyping for Smart agriculture. International Smart Agriculture Symposium (Organizer: Wei Guo). UTokyo. 2019/09/25.
  • 野下 浩司.植物の「かたち」を測る・モデル化する:数理モデルの構築・定量化の理論提案・植物フェノタイピング技術の開発.九州大学大学院農学研究院 伊都キャンパス農場フォーラム.2019.08.08.[ポスター出展]
  • 野下 浩司 野外における植物3次元再構築と定量的解析.日本植物フェノタイピングネットワーク キックオフシンポジウム@日本育種学会第135回講演会グループ研究集会.2019/01/24.
  • 野下 浩司 骨構造の積極的定量化へ向けた数理シミュレーションと画像解析.第3回理論免疫学ワークショップ(企画:岩波翔也).2019/01/24.
  • 野下 浩司. 植物3次元形態の取得から定量化へ:写真測量技術と点群解析.JST/CREST Phenomics講習会「はじめてみよう・植物デジタル形質評価」.ホテルマリックス 宮崎.2019/01/31.
  • 野下 浩司. 骨構造の積極的定量化へ向けた数理シミュレーションと画像解析.第3回 理論免疫学ワークショップ(企画:岩波翔也)(秋田市にぎわい交流館).2019/01/24.
  • 野下 浩司. かたちの数理生物学:巻貝殻形態とその後.巌佐庸教授 退官記念シンポジウム(稲盛財団記念館(稲盛ホール),九州大学).2018/02/22
  • 野下 浩司. 骨構造のステレオロジ的解析とシミュレーション.第2回 理論免疫学ワークショップ(企画:岩波翔也)(富山県民共生センターサンフォルテ).2018/02/02
  • 野下 浩司. 植物のかたちを測ろう.農学中手の会 第3回研究集会(雄琴温泉 湯の宿 木もれび,滋賀).2017/12/3
  • 野下浩司 植物3次元形態のフェノタイピングへの取り組み.農学中手の会 第2回研究集会(雄琴温泉 湯の宿 木もれび,滋賀)2016年11月11日
  • Noshita, K. Leaf surface reconstruction from noisy point cloud. Multi-scale Plant Phenomics. The University of Tokyo, Japan. Sep. 3, 2016.
  • Noshita, K. University of Pennsylvania Plotkin Lab. Seminar 2014 年 4 月
  • Noshita, K. Geometric Analysis and Quantification of Coiling-Patterns of Gastropod Shells based on 3D and 2D Image Data. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2013年4月23日
  • Noshita, K. The difference of aperture inclination between land and marine snails. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2011年2月22日
  • Noshita, K. Convergent extension of ascidian notochord. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2010年12月20日
  • Noshita, K. Constraint of morphological variation in gastropod snails. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2010年5月11日