Publications


論文や発表のリスト

論文

国際誌(査読あり)

  1. Fujiu, K., Shibata, M., Nakayama, Y., Ogata, F., Matsumoto, S., Noshita, K., Iwami, S., Nakae, S., Komuro, I., Nagai, R. and Manabe, I. A heart-brain-kidney network controls adaptation to cardiac stress through tissue macrophage activation. Nature Medicine (2017) 23 (5), pp. 611–622. http://doi.org/10.1038/nm.4326
  2. Noshita, K., Shimizu, K., and Sasaki, T. Geometric analysis and estimation of the growth rate gradient on gastropod shells. Journal of Theoretical Biology (2016), 389, pp. 11–19. http://doi.org/10.1016/j.jtbi.2015.10.011
  3. Noshita, K. Quantification and geometric analysis of coiling patterns in gastropod shells based on 3D and 2D image data. Journal of Theoretical Biology (2014) 363, pp. 93-104. http://doi.org/10.1016/j.jtbi.2014.08.010
  4. Noshita, K., Asami, T. and Ubukata, T. Functional constraints on coiling geometry and aperture inclination in gastropods. Paleobiology (2012) 39 (2), pp. 322–334. http://dx.doi.org/10.166610060.1

その他

  1. 野下浩司 巻きの理論形態モデル:有殻軟体動物を例に. 日本数理生物学会ニュースレター (2017) 83, pp. 19-23.
  2. 矢部 志央理, 上原 奏子, 吉津 祐貴, 渡辺 翔, 野下 浩司. 育種学と農学のこれからを考える30 ~フェノタイピングは頭痛の種?~. 育種学研究 (2016) 18, pp. 67-71. http://doi.org/10.1270/jsbbr.18.67
  3. 野下浩司 フィラデルフィア滞在記. 日本数理生物学会ニュースレター (2016) 78, pp. 4-6.
  4. 野下浩司 腹足類殻形態への理論形学的アプローチ 日本数理生物学会ニュースレター (2012) 67, pp. 18-19.
  5. 野下浩司 巻貝殻形態の理論形態学的解析パッケージ:Spiral Shell Form. 静岡大学地球科学研究報告 (2010) 37 , pp. 57–73.

著書

  1. 野下 浩司,田村 光平.幾何学的形態測定学とRを使った解析例.文化進化の考古学(中尾 央,松木 武彦,三中 信宏 編)(2017)pp. 179-218. 勁草書房.ISBN: 978-4-326-24845-2

発表

国際学会

口頭

  1. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. An image processing pipeline for acquiring 3D morphological information from “noisy” point cloud data. 2017 CIGR World Workshop in Matsuyama: OS 1 Precision measurement and modeling of dynamical plant information (Organizer: Fukuda, H.). Ehime Univ. 2017/9/3.
  2. Noshita, K. and Guo, W. 3D outline-based morphometrics for leaf shape with photogrammetry and image processing. The 5th International Symposium on Biological Shape Analysis. UTokyo, Tokyo, Japan. Jun. 23, 2017.
  3. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. Monitoring of soybean growth in early stage based on 3D plant analysis. 1st Asia-Pacific Plant Phenotyping Conference. 北京蟹岛度假村 三点钟会议中心, Beijing, China. Oct. 20, 2016.
  4. Noshita, K., Leaf surface reconstruction from “noisy” point cloud data for geometric analysis. The 2016 (26th) annual meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology. Kyushu University, Fukuoka, Japan. Sep. 8, 2016.
  5. Noshita, K. Leaf surface reconstruction from point cloud data: a post-process of field phenotyping. Field Phenomics with Big Data. The University of Tokyo, Japan. Feb. 10, 2016.
  6. Noshita, K., Shimizu, K., Sasaki, T. Estimation of the growth rate gradient on molluscan shells: From shape to growth. 2015 Joint Meeting of The 5th China-Japan-Korea Colloquium on Mathematical Biology and The Japanese Society for Mathematical Biology. Doshisha University, Kyoto, Japan. Aug. 28, 2015.
  7. Noshita, K. The difference of morphological diversity between land and marine gastropod shells. 2014 ESA Annual Meeting. Sacramento Convention Center, CA, USA. Aug. 2014.
  8. Noshita, K. Quantification of coiling patterns in gastropod shells and evaluation of functional traits. Evolution2014. Raleigh Convention Center, NC, USA. June 2014.

ポスター

  1. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. 3D Point Cloud Phenotyping of Soybean Growth in Early Stage. PAG XXV. Town & Country Hotel, San Diego, CA, USA. Jan. 16, 2017.
  2. Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. 3D point cloud based monitoring of soybean growth in early stage. 4th International Plant Phenotyping Symposium. Dec. 13, 2016.
  3. Noshita, K. “Theoretical morphological approach to the diversity of gastropod shells” 1st Joint Congress on Evolutionary Biology(Ottawa, Canada) 2012/7/7
  4. Noshita, K. Morphological adaptation to fluid environments in gastropods. ESJ59/EAFES5(滋賀) 20123

国内学会

口頭

  1. 野下 浩司 骨構造の定量化へ向けたステレオロジ的解析.日本応用数理学会 2017年度 年会 正会員主催 OS「計量(デジタル)病理学のフロンティア」(企画:寺本 敬,岩見 真吾)武蔵野大学 2017/9/8
  2. 野下 浩司, 郭 威, 加賀 秋人, 岩田 洋佳.点群データによるダイズ初期生育のモニタリング.515 育種学会 第130回講演会(鳥取大学,鳥取) 2016年9月25日.優秀発表賞
  3. 野下浩司. 腹足類殻形態の形態空間における発生的制約. 日本進化学会第18回大会 O-1A-4 東京工業大学 2016/8/25
  4. 野下浩司. 腹足類殻形態の理論形態空間の対応関係とその変換. 日本古生物学会2016年年会(福井県立大学,福井). 2016/6/25.
  5. 野下浩司. 貝殻形態からその成長様式へ:成長管モデルとGrowth Vector Map.日本古生物学会第164回例会(豊橋市自然史博物館,愛知)口頭. 2015/1/31
  6. 野下浩司 腹足類殻の巻きパタン定量化から防御形質評価まで.日本生態学会第 61 回全国大会 W16-1 広島国際会議場 2014年 3 月(自由集会)
  7. 野下浩司 腹足類殻の巻きパタンの定量化:成長管モデルパラメータ一定の場合 日本古生物学会 2014 年年会 B04 2014 年1月
  8. 野下浩司 腹足類殻の”巻き”パタンの定量化.日本数理生物学会第 23 回大会 S1-1 静岡大学 2013 年 9 月(シンポジウム)
  9. 野下浩司 腹足類殻の”巻き”パタンの3Dおよび2Dイメージデータに基づく定量化法. 日本古生物学会2013年年会(熊本) 2013年6月29日
  10. 野下浩司 腹足類の殻形態と物理的制約への理論形態学的アプローチ. 日本生態学会第60回全国大会(自由集会,静岡) 2013年3月5日
  11. 野下浩司 腹足類穀形態の物理的環境への適応. 日本数理生物学会第21回大会(自由集会,岡山) 2012年9月11日
  12. 唐沢與希, 前田晴良, 野下浩司 Hypophylloceras属の殻に見られる特異的な破損パターン. 第161回日本古生物学会例会(富岡市生涯学習センター,群馬) 2012年1月21日
  13. 野下浩司 ホヤ脊索における収斂伸長. 日本数理生物学会第21回大会(明治大学,東京) 2011年9月
  14. 野下浩司 腹足類の殻口の傾きと生息環境. 日本古生物学会2011年年会(金沢大学,石川) 2011年7月
  15. 野下浩司 腹足類に殻口の傾きにおける制約. 日本生態学会第58回大会(札幌コンベンションセンター,北海道) 2011年3月
  16. 野下浩司, 浅見崇比呂, 生形貴男 腹足類の殻形態における制約. 日本数理生物学会第20回大会(北海道大学,北海道) 2010年9月
  17. 野下浩司, 浅見崇比呂, 生形貴男 腹足類の形態的多様性の制約. 日本古生物学会2010年年会(筑波大学,茨城) 2010年6月

ポスター

  1. 野下 浩司, 郭 威, 加賀 秋人, 岩田 洋佳. 3D点群データに基づく植物形態の経時的モニタリング. P2-O-435 日本生態学会第63回全国大会(早稲田大学,東京) 2016/3/22
  2. 野下 浩司.3D点群データを利用した植物群落のモニタリング.P-82 定量生物学の会 第八回年会(自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター,愛知) 2017/1/8
  3. 唐沢與希, 野下浩司, 前田晴良 アンモノイド類の殻断面における肥厚化を示す微細構造と,その力学的シミュレーション. 日本古生物学会2015年年会(福井県立大学,福井) 2016/6/25
  4. 野下浩司. 葉形状の3D表面データからの再構築と幾何学的解析. 日本生態学会第63回全国大会(仙台国際センター,宮城) 2016/3/22
  5. 唐沢與希, 野下浩司, 前田晴良 アンモノイド類の殻断面形態の力学特性. 日本古生物学会2015年年会(産業技術総合研究所,茨城) 2015/6/27
  6. 野下浩司. 腹足類の殻に保存された成長の記録. 日本生態学会第62回全国大会(鹿児島大学,鹿児島) 2015/3/19
  7. 野下浩司. 腹足類殻形態の定量化と機能評価.日本生態学会第 61 回全国大会 PA2-013 広島国際会議場 2014年3月
  8. 野下浩司 腹足類殻形態の定量化フレームワーク構築に向けて. 日本生態学会第60回全国大会(静岡) 2013年3月6日
  9. 野下浩司 腹足類の殻口の傾き. 第161回日本古生物学会例会(富岡市生涯学習センター,群馬) 2012年1月21日 ポスター賞
  10. 野下浩司, 浅見崇比呂, 生形貴男 腹足類における機能的トレードオフ. 第12回日本進化学会大会(東京工業大学,東京) 2010年8月

企画

招待講演

  • 野下 浩司 骨構造の定量化へ向けたステレオロジ的解析.日本応用数理学会 2017年度 年会 正会員主催 OS「計量(デジタル)病理学のフロンティア」(企画:寺本 敬,岩見 真吾)武蔵野大学 2017/9/8
  • Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. An image processing pipeline for acquiring 3D morphological information from “noisy” point cloud data. 2017 CIGR World Workshop in Matsuyama: OS 1 Precision measurement and modeling of dynamical plant information (Organizer: Fukuda, H.). Ehime Univ. 2017/9/3.
  • Noshita, K. 3D point cloud based monitoring of soybean canopies. High-Throughput Biology to Accelerate Crop Improvement (Organizer: Yano, K.) UTokyo. 2017/6/19
  • 野下浩司 点群解析と表面モデリングを利用した植物フェノタイピングへの取り組み.精密工学会 大規模環境の3次元計測と認識・モデル化技術専門委員会 第27回定例研究会(企画:増田 宏)東京大学 2017/6/12
  • 野下浩司 生物のかたちのモデル化と定量化.さきがけ情報協働栽培 研究領域公開ワークショップ「栽培モデル研究の最前線」(企画:JST)東京大学 2017/2/10
  • Noshita, K., Guo, W., Kaga A. and Iwata, H. Monitoring of soybean growth in early stage based on 3D plant analysis. Plant Phenotyping Symposium (Organizer: Ding, Y.) Nanjing Agricultural University, Nanjin, China. 2017/10/23
  • Noshita, K. Monitoring of soybean growth in early stage based on point cloud data. JSMB 2016 satellite workshop: Mathematical modeling on Ecology & Evolution (Organizers: Tachiki Y. and Iritani R.) Kyushu Univ. 2016/9/11
  • 野下浩司 腹足類の殻形態とその形成プロセスの定量化. 底生生物学分野セミナー(企画:福森 啓晶) 東京大学 2016/5/13
  • 野下浩司 形態測定学が解決する課題と生物地理学への応用の可能性. 日本生物地理学会 2016年度大会シンポジウム「形態測定学と地理的分布:かたちの定量化と生物地理学・文化地理学への応用」(企画:三中信宏) 東京大学 2016/4/17
  • 野下浩司 定量的形態測定入門. 数理科学的手法を駆使した生命現象の定量化への挑戦.宇奈月国際会館.2016/3/28.
  • 野下浩司 「かたち」と「かたち作り」を測る:形態測定学・理論形態学の活用. 進化古生物学セミナー(企画:遠藤一佳) 東京大学 2015/12/15
  • 野下浩司 植物器官の効率的フェノタイピング:画像解析と形態測定学. 日本育種学会第128回講演会(平成27年度秋季大会)ワークショップ「W05: 育種学と農学のこれからを考える30 〜フェノタイピングは頭痛の種?〜」(企画:矢部志央理,上原奏子,吉津祐貴) 新潟大学 2015/9/11
  • 野下浩司 形態測定学の進化生物学における活用:細胞から個体,人工物まで. 日本進化学会第17回大会ワークショップ「W-03: 日本の考古遺物を中心とした文化進化的考察」(企画:田村光平,中尾央,三中信宏) 中央大学 2015/8/20
  • 野下浩司 CTデータを利用した腹足類殻形態の定量化. 動物生態学研究室ゲストセミナー(企画:細将貴) 京都大学 2015/2/2
  • 野下浩司 腹足類殻形態の定量化と機能評価:測定手法の開発と形態の生態学的意義を探る. 東京大学 農学部 生産・環境専攻セミナー(企画:岩田洋佳) 2014/3/11
  • 野下浩司 生物のかたちのモデリングと定量化:3D イメージデータが拓く個体発生解析の可能性と 2D イメージデータの有効活用. 第 45回種生物シンポジウム(企画:入谷 亮介) 別府市ふれあい広場サザンクロス 2013/11/30
  • 野下浩司 Theoretical morphological study on gastropod shell forms. 明治大学 GCOE MEE Seminar 2012年1月

その他

  • 野下浩司 ダイズ群落の3D計測への取り組み.CREST「農業ビッグデータ」公開セミナー 基礎研究で未来の『食と農業』を切り拓く(十勝さらべつ熱中小学校,北海道) 2017年8月18日
  • 野下浩司 植物3次元形態のフェノタイピングへの取り組み.農学中手の会 第2回研究集会(雄琴温泉 湯の宿 木もれび,滋賀)2016年11月11日
  • Noshita, K. Leaf surface reconstruction from noisy point cloud. Multi-scale Plant Phenomics. The University of Tokyo, Japan. Sep. 3, 2016.
  • Noshita, K. University of Pennsylvania Plotkin Lab. Seminar 2014 年 4 月
  • Noshita, K. Geometric Analysis and Quantification of Coiling-Patterns of Gastropod Shells based on 3D and 2D Image Data. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2013年4月23日
  • Noshita, K. The difference of aperture inclination between land and marine snails. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2011年2月22日
  • Noshita, K. Convergent extension of ascidian notochord. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2010年12月20日
  • Noshita, K. Constraint of morphological variation in gastropod snails. 九州大学 数理生物学研究室 MEセミナー 2010年5月11日