About


生物や生物のつくる構造物のかたちを研究しています

野下 浩司 (のした こうじ)

沖縄にて 能古渡船場にて

研究内容

進化形態学と形態測定学について,幅広く興味をもって研究をしています.

  • 動物のかたち
    • 腹足類(巻貝)の殻
  • 植物のかたち
    • ダイズ
    • コムギ
    • キャッサバ
  • 人工物のかたち
    • 土器

現所属

経歴

  • 平成18(2006)年4月 – 平成22(2010)年3月  静岡大学 理学部 地球科学科
  • 平成22(2010)年4月 – 平成27(2015)年3月  九州大学大学院 システム生命科学府
  • 平成22(2010)年4月 – 平成24(2012)年3月
    平成25(2013)年4月 – 平成26(2014)年3月  九州大学理学部TA
  • 平成24(2012)年4月 – 平成27(2015)年3月  日本学術振興会特別研究員(DC1)
  • 2013年1月23日 – 2013年2月11日 腹足類殻形態の定量化と多様性評価のための標本の撮影
    in National Museum of Natural History (アメリカ),受入研究者 Ellen Strong
    地球規模での保全生態学推進のための若手研究者海外派遣プログラム
  • 2013 年 9 月 17日-9 月 29 日 生物多様性保全策実施のための魚類調査
    マレーシア(サラワク州ビンツル周辺の河川)
    自然共生社会を拓くアジア保全生態学(九州大学 GCOE プログラム)
  • 2014 年 1 月 29 日-2014 年 2 月 20 日 標本の撮影と測定
    in National Museum of Natural History (アメリカ),受入研究者 Robert Hershler
    自然共生社会を拓くアジア保全生態学(九州大学 GCOE プログラム)
  • 2014 年 4月 1日-2014 年 11月 30日 Visiting Scholar in Plotkin Research Group,UPenn (アメリカ)
  • 平成27(2015)年4月 – 平成28(2016)年9月  東京大学 農学生命科学研究科 特任研究員
  • 平成28(2016)年10月 – 現在  科学技術振興機構 さきがけ専任研究員
  • 平成28(2016)年10月 – 現在  東京大学 農学生命科学研究科 農学共同研究員

受賞

  • 平成28(2016)年9月 第130回講演会日本育種学会優秀発表賞
  • 平成24年1月 日本古生物学会 ポスター賞(第161回例会)
  • 平成24年5月 日本学生支援機構 特に優れた業績による全額返還免除

外部研究資金

  • 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ,マルチスケールデータ融合による草姿・草型の超解像フェノタイピング技術の開発,代表者:野下浩司,H28-H31
  • 日本学術振興会 科学研究費補助金DC1(特別研究員奨励費), 形態の適応と形成過程の数理的研究,代表者:野下浩司,H24-H27

査読経験

  • Journal of Marine Biology, Journal of Theoretical Biology, Scientific Reports

所属学会

  • 2009年 – 現在 日本古生物学会
  • 2010年 – 現在 日本進化学会
  • 2010年 – 現在 日本数理生物学会
  • 2011年 – 現在 日本生態学会
  • 2011年 – 現在 日本発生生物学会
  • 2012年 – 現在 The Society for the Study of Evolution